strymon Orbit Flanger

strymon Orbit Flanger
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


フランジャー

37,800※1

Orbit Flangerは、SHARC DSP(ADSP-21375)チップによってこれまでのアナログ・エフェクターでは到達できなかった音質と低ノイズを実現、ロック史の中で活躍したMXRフランジャー、A/DAフランジャーといった2種類のフランジングに加えて、両位相が入り乱れる立体的なモジュレートを生み出す「Thru 0」LFOを開発、一台で3タイプのフランジングを鳴らすことができるハイエンド・エフェクターです。

【3種類のフランジャー】
pos:エフェクト信号とドライ信号の同位相となるジェット・サウンド
neg:エフェクト信号とドライ信号の逆位相となりウェットなサウンドを生み出します
+/- :正相と逆相が入り乱れる画期的なサウンド

【3種類のLFO】
log(logarithmic):均一の速度で周波数間をスイープ
lin(linear):高い周波数に向かう時に速度が速くなり、低い周波数に向かう時に速度が遅くなる
thru 0(through zero):信号がキャンセルされ、ドラマチックなフランジングが生まれます

MIXツマミでは原音とエフェクト音のバランス調節ができます。原音が聞こえにくいというフランジャーにありがちな現象もこれで解決です。
入力信号はAD変換されず、アナログのままフランジャー信号とミックスされる為、 デジタルエフェクターにありがちな「エレキギター本来のサウンドが変わってしまう」「ノイズが多い」「音が細くなる」という感覚がありません。

ステレオ・アウト端子からインターフェイスに繋げるなど、ラック式エフェクターのような使い方が可能、TRSエクスプレッション・ペダル端子から外部機器でパラメータのコントロール、FAVORITEスイッチを長押しすることで好みのセッティングをメモリー保存できます。


■コントロール:SPEED, WIDTH, MIX, REGEN, MANUAL, FEEDBACK(pos, +/-, neg), LFO(log/lin/thru0)
■モノラルIN、ステレオOUT
■入力インピーダンス:1MΩ
■出力インピーダンス:100 Ω
■S/N比:110dB
■周波数特性:20Hz~20kHz
■最大入力レベル:+8dBu
■A/D & D/A性能:24bit、96kHz
■DSPパフォーマンス:1596 Mega FLOPS
■バイパス:トゥルーバイパス/バッファードバイパス切替
■商品電流:250mA
■電源:9VDC アダプター(センターマイナス)
■寸法:102mm(幅)×117mm(縦)×67mm(高)
■重量:450g

(このペダルを評価してみましょう!)
Loading...

「strymon Orbit Flanger」に関連するレビュー・コメント

strymon Orbit Flangerの最初のレビューを書き込んでください!

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

strymon Orbit Flangerのレビューを書く

コメントを残す

パッチケーブル 自作

特集記事

  • ※1 strymon Orbit Flangerについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • strymon Orbit Flangerの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「strymon Orbit Flanger」ページ上部へ