DigiTech TRIO

DigiTech TRIO
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


その他

26,800※1

発売時期:2015年7月

DIGITECHから、学習したコード進行とリズムからベースとドラムを自動生成する画期的なペダルが登場しました。TRIO Band Creatorを使えばコードをかき鳴らすだけで、本格的なセッションを気軽に楽しむことができるようになります。

使い方はとてもシンプルで、まずは本体中央にあるLEARNランプが点滅している状態でフットスイッチを踏み込み、コードストロークを行います。その後、もう一度踏み込むと、先ほどのストロークを元にしてベースとドラムが自動演奏を始めます。

コントロールは楽曲のジャンルを指定できるGENRE、演奏スタイルを指定できるSTYLE、演奏のテンポを調整するTEMPO、ベースの音量レベルを調整するBASS、ドラムの音量レベルを調整するDRUMが用意されています。記憶したループの中でドラムにはフィルが入るなど、セッションらしい展開を味わうことができます。
それに加え、本体上部には内蔵エフェクト(歪み)を適用するGUITAR FX、記憶した3つのフレーズを選択できるPART、演奏スタイルに変化を与えるALT TIMEといったボタンも用意されています。

指定できるジャンルはブルース、ポップ、オルタナティヴロック、ロック、カントリー、リズムアンドブルース、ジャズといった計7種類。スタイルは展開の異なる12種類のパターンから指定することができます。4/4拍子はもちろん、3/4拍子にも対応します。

また、本機は最大3パターンのフレーズを記憶することができます。Aメロ、Bメロ、サビという具合に、予めコードストロークを学習させ保存することで、セッションを自由に展開させることが可能です。フレーズは別売りのフットスイッチで切り替えることができます。

MIXER OUT、AMP OUT、HEADPHONE OUTといった3種類の出力端子を搭載し、プレイヤーの様々な使用環境に対応します。別途アンプやスピーカーを用意することで、ギター音とバッキング音を個別に出力することができ、より本物のセッションに近い感覚で楽しむことが可能です。
2016年にはルーパー機能/音楽ジャンル/センドリターン端子を追加した「TRIO +」が登場しています。

最新技術を駆使した本機ですが、言うなればバンドマンのAIを搭載しているようなもの。自宅でひっそりとギターを楽しんでいる方や、諸事情でバンドを組むことができない方の強い味方となるのではないでしょうか。


■コントロール:GENRE, STYLE, TEMPO, BASS, DRUM, GUITAR FX, PART, ALT TIME
■入出力:GUITER I, CONTROL IN, MIXER OUT、AMP OUT、HEADPHONE OUT
■バイパス方式:トゥルーバイパス
■電源:専用パワーサプライ付属
■寸法:6.3cm×13.7cm×8.2cm
■重量:498g

(このペダルを評価してみましょう!)
Loading...

「DigiTech TRIO」に関連するレビュー・コメント

DigiTech TRIOの最初のレビューを書き込んでください!

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

DigiTech TRIOのレビューを書く

コメントを残す

パッチケーブル 自作

  • ※1 DigiTech TRIOについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • DigiTech TRIOの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「DigiTech TRIO」ページ上部へ