SansAmp BASS DRIVER DI V2

SansAmp BASS DRIVER DI V2
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


オーバードライブ , ベース用

31,320※1

発売時期:2016年8月

(このペダルを評価してみましょう!)
Loading...

SansAmp BASS DRIVER DI V2 は、1994年の発売からベース用プリアンプの大定番として数多くのベーシストに支持されてきた、サンズアンプ「Bass Driver DI」のリニューアルモデル。22年間変わらずにいた「ベードラ」が Version II として新しい姿を見にまとっての登場です。

ベース用オーバードライブ/プリアンプとしてだけでなく、XLRアウト端子から直接PAシステムへ繋いでラインで鳴らすなど、ベーシストにとって汎用性の非常に高い「Bass Driver DI」。これまでの機能はそのまま使えるようになっていますが、どのような点がアップデートされているのでしょうか。

BASS DRIVER DI との違い

V1 V2
左:旧モデル、右:V2

BASS DRIVER DI」と比べて、新しく登場した BASS DRIVER DI V2 では幾つかの変更点が存在します。
それまでは Bass,Treble のみだったイコライザー部分に、待ち望まれていたMIDコントロールを追加。MID の周波数帯域は 500Hz/1000Hz を切替、Bass は 40Hz 以下も再生できるよう 40Hz/80Hz が切替できるなど、多弦ベースのローエンドをカバーできるように設計されています。このように旧モデルに比べて設定範囲が広がり、幅広いジャンルに対応できるように設計が一新されています。

LEVEL
DRIVE:チューブアンプの特性を再現、オーバードライブの量を調整します
PRESENCE:高域のクリスピーなハーモニクスやタイトなアタック感を増加させます
BLEND:ベースの原音にサンズアンプの音をミックスする比率をコントロール
TREBLE / MID / BASS:12時の位置がフラットで、それぞれ ±12dB のコントロールが可能
MID SHIFT SW(500/1000Hz):中域の周波数を選択し、コシや粘りを調整。スイッチが上がっている状態が500Hz
BASS SHIFT SW(40/80Hz):低域の周波数を選択し、重低音もしっかりと再生。スイッチが上がっている状態が40Hz
+10dB 1/4”:OUTPUTの出力インピーダンス切替
-20dB XLR:XLRの出力インピーダンス切替
PHANTOM & GROUND CONNECT:グランド接続/リフト切替スイッチ。ファンタム電源を使って本機に電源を供給することができます。

■接続端子:INPUT, OUTPUT, BALANCE OUT, XLR OUT
■電源:9V電池、9VDCアダプター
■寸法:W95×H120×D50 mm
■重量:389g

「SansAmp BASS DRIVER DI V2」に関連するレビュー・コメント

SansAmp BASS DRIVER DI V2の最初のレビューを書き込んでください!

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

SansAmp BASS DRIVER DI V2のレビューを書く

コメントを残す

パッチケーブル 自作

  • ※1 SansAmp BASS DRIVER DI V2について掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • SansAmp BASS DRIVER DI V2の画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「SansAmp BASS DRIVER DI V2」ページ上部へ