Electro Harmonix Hot Wax Dual Overdrive

Electro Harmonix Hot Wax Dual Overdrive
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する


オーバードライブ

14,391※1

発売時期:2017年8月

(このペダルを評価してみましょう!)
Loading...

Hot Wax Dual Overdriveは、Electro HarmonixのNanoシリーズのコンパクトなオーバードライブ・エフェクター「Hot Tubes」と「Crayon」の2台のペダルを1台に集約した、2フットスイッチのデュアルオーバードライブ・ペダルです。

Hot Tubes Crayon左:Hot Tubes、右:Crayon

Hot Tubesは1970年代エレハモの名機と呼ばれた弁当箱サイズのブースター/オーバードライブ「Hot Tubes」をコンパクトなNanoシリーズで復刻したモデル。回路は当時のままということですが、オリジナルHot Tubesとは違ってファズに近いサウンドが特徴のペダルです。

一方Electro Harmonix Crayonは2015年に登場した比較的新しいペダルで、トランスペアレント系ローゲインオーバードライブを意識した4ツマミのオーバードライブ。普及価格帯ながら広いゲイン幅と質の高い歪みサウンドによって高い人気を誇るペダルです。

Hot Wax Dual Overdrive

そして今回登場したHot Wax Dual Overdrive。真空管にクレヨンが突き刺さるというコンセプトそのままのイラストがプリントされたボディに、コントロール系統は左側がHot Tubes/右側がCrayonというわかりやすい構成となっています。2つのフットスイッチは個別にON/OFFが可能で、同時使用も可能。ローゲイン・ドライブから同時使用の際には倍音豊かな歪みサウンドとなるなど、多彩なドライブサウンドが得られます。
Bass、Treble、Blendコントロールは共通。Blendツマミは原音とエフェクト音をミックスできるというベース系エフェクトによく搭載されるツマミであり、エレキギターだけでなくベースでの使用にも適しています。

2つのエフェクトですが、インプット端子からまずCrayonを通り、そのあとにHot Tubesを通るという並び方になり、CrayonのVOLツマミがHot Tubesに影響を与えます。
フットスイッチはバッファードバイパスとなっており、切替時のポップノイズを低減します。

■コントロール:VOL x2, DRIVE x2, BASS, TREBLE, BLEND,
■電源:9V DCアダプター、電池非対応

「Electro Harmonix Hot Wax Dual Overdrive」に関連するレビュー・コメント

Electro Harmonix Hot Wax Dual Overdriveの最初のレビューを書き込んでください!

Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

Electro Harmonix Hot Wax Dual Overdriveのレビューを書く

コメントを残す

パッチケーブル 自作

  • ※1 Electro Harmonix Hot Wax Dual Overdriveについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Electro Harmonix Hot Wax Dual Overdriveの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Electro Harmonix Hot Wax Dual Overdrive」ページ上部へ