Electro Harmonix Synth9

Electro Harmonix Synth9
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


ギターシンセ

34,560※1

発売時期:2017年3月

Synth9 Synthesizer Machineは、ギターやベースのサウンドを、9種類の歴史的名機ヴィンテージ・シンセサイザーのサウンドに変換するギターシンセ・エフェクター。Electro Harmonixによる、ギターで鍵盤楽器のサウンドを再現する「9シリーズ」の5つめの製品となります。

9シリーズはこれまで、60年代オルガン・サウンドを再現する「B9」、オルガン・サウンドにShimmerリバーブを搭載した「C9」、エレピを中心に音板打楽器のサウンドを収録した「KEY9 」、メトロトンのサウンドを再現した「MEL9 」とリリースされています。そのどれもがコンパクトながら複数の音色を収録し、和音にも対応、ギター側の特別な改造やMIDIピックアップは不要で、サウンドもリアルなものとなっているのが特徴です。
今回のSynth9はシンセサイザーのサウンドをエミュレートしていますが、9種類いずれも迫真のサウンドを実現しています。

9つのモードは以下の通り。それぞれ元ネタとなっているであろうシンセサイザーを推測してみました。
OBX: Van Halen「jump!」のイントロで聞かれるシンセ「Oberheim OB-X」
PROFIT V:Sequential Circuits「Prophet-5」
VIBE SYNTH
MINI MOOD:Moogシンセ
EHX MINI:Electro Harmonix Mini Synth
SOLO SYNTH
MOOD BASS:Moog Taurus
STRING SYNTH:ARP String Synthesizer
POLY VI:KORG Polysix

Van Halen以外にも、Kraftwerk, Joy Division, P-Funk, Peter Gabriel など70、80年代の名盤アルバムで聴くことができるリードシンセ/ファンキーなシンセベース/スペーシーなシンセ・サウンドが再現できます。
DRY/VOLで原音とシンセ音のバランスをミックス、CTRL1/2 は選択したモードによってトーン/エンヴェロープ/オクターブ/ヴィブラートレート/フィルタースウィープの調節と、働きが異なります。

ペダルの接続順ですが、基本的には一番先頭に繋ぎ、歪み/モジュレーション/空間系ペダルは後段に繋ぐことが推奨されています。またSynth9にはコンプレッサーが内蔵されているため、Synth9をONにする時はコンプレッサー・ペダルは不要です。その他、ギターはリア・ピックアップを選択しボリュームはMAXにしておくことが推奨されています。


■コントロール:DRY/VOL, SYNTH, CTRL 1, CTRL 2, MODE
■バッファードバイパス
■電源:ACアダプター
■寸法:104 (w) x 120 (l) x 54 (h) mm

(このペダルを評価してみましょう!)
Loading...

「Electro Harmonix Synth9」に関連するレビュー・コメント

Electro Harmonix Synth9の最初のレビューを書き込んでください!

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

Electro Harmonix Synth9のレビューを書く

コメントを残す

パッチケーブル 自作

  • ※1 Electro Harmonix Synth9について掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Electro Harmonix Synth9の画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Electro Harmonix Synth9」ページ上部へ