VOX CT-06 VibraVOX

VOX CT-06 VibraVOX
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する


トレモロ

18,400※1

VOXのクラシカルなトレモロ/ヴィブラートの単体エフェクトとして、またトレモロとヴィブラートを切り替えながら使用する3つのモードを備えたエフェクター・ペダル。2チャンネル仕様の各チャンネルにヴィブラートとトレモロを割り振り、各々に異なるスピード・コントロールも可能で、ロータリー・スピーカー的なスピード変化も自由自在です。

さらに新しくSKEWコントロールを搭載、立ち上がりのサウンドを様々に変化させることができるようになりました。


■電源:DC9V、単3アルカリ乾電池4本
■消費電流:105mA
■寸法 :168.5 (W) x 155.5(D) x 64(H) mm
■重量:1.05kg

(このペダルを評価してみましょう!)
Loading...

「VOX CT-06 VibraVOX」に関連するレビュー・コメント

VOX CT-06 VibraVOX

  1. No.14817:通りすがりのギタリスト 2013年6月6日

    ネットで安かったので購入。
    VOXのワウペダルは使った事があるのだが、モジュレーション系は初めての使用。
    このエフェクターはヴィブラートとトレモロが入っていてチャンネルが2つあるので設定を2つ作っておいて曲によって変える事ができる。チャンネルの設定をトレモロ/トレモロ、トレモロ/ヴィブラート、ヴィブラート/ヴィブラートと設定する事が出来る。トレモロとヴィブラートを両方合わせて使う事も出来るし、トレモロのみ片方だけ使えるのように設定できるのも嬉しい。コントロールのSPEEDはSPEED1、SPEED2とチャンネルごとに設定できるのだか、DEPTH・RAITO・SKEWが1つしかないので、ここは両チャンネル同じ設定になる。
    購入した当初はオーソドックスなヴィブラートやトレモロとして使う予定だったが、かなりエフェクトの幅が広く、色々なサウンドを出す事が出来た。特にトレモロでDEPTHをかなり深めに掛けるとスライサーのような使い方も出来て、かなり面白いサウンドになった。ロータリースピーカーのような暖かみのあるサウンドを楽しめるので60年代ロックが好きな方には良いだろう。個人的には トレモロ/ヴィブラートで設定してチャンネルの切り替えで両方使用する事が可能な状態で使用し、曲によって使い分けをしている。

    あとは、真空管が入っているのだが、エフェクトの掛かり具合によって真空管の光る早さが変わる仕組みになっており見た目も楽しめる。コンパクトエフェクターは9V電池で駆動する物が多いが、単三電池4本で動くので意外と便利かもしれない。
    エフェクター本体が大きめなのでボードのスペースを取ってしまうが、トレモロとヴィブラート2個分と考えれば大した問題では無いだろう。

Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

VOX CT-06 VibraVOXのレビューを書く

コメントを残す

パッチケーブル 自作

  • ※1 VOX CT-06 VibraVOXについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • VOX CT-06 VibraVOXの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「VOX CT-06 VibraVOX」ページ上部へ