Amptweaker Curveball JRデュアルブート機能を備えた3バンドイコライザー

Amptweaker Curveball JR
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する


イコライザー , ブースター

26,240※1

発売時期:2018年12月

Curveball JR(カーブボールジュニア)は、12時のポジションでフラットなセッティングとなるアクティブ3バンドEQ機能に加え、デュアルブースト機能を搭載したコンパクトなエフェクター。エレキギターだけでなくベースやアコースティックギターにも使用可能。フットスイッチ1つだけでイコライザーを常時ON/ブースターのON/OFF操作が可能など、幅広い操作性を持つ機能的なペダルとなっています。

Low, Mid, Highという3つのツマミに加えて、ミッドレンジ周波数をUKスタイル/USスタイル/スラッシュメタルの3つから選択できるMidスイッチを装備。クラシックなUSアンプ、UKアンプから、メタルサウンドまで対応可能。ミッドレンジをブーストさせることで「ワウ半止め」サウンドを生み出すこともできます。
Tightスイッチは低音域をFat/Normal/Tightの3つから選択することができ、Lowツマミと組み合わせることでタイトに最適化したアタックを作り出すことができます。

Curveball JRはエフェクターやアンプの歪みの前に置くか、後に置くかで役割を変えることもできます。歪みの前段に置くことでアタックや歪みの厚みをコントロールしながらゲインをさらに強化することができ、歪みの公団に置くことで音色全体のイコライジングを行うことができます。歪みエフェクターを使用しない時は、Curveball JRを使ってクリーンチャンネルとドライブチャンネルを切り替えるように操作することもできます。

フットスイッチには2つの機能があります。通常はイコライザーのON/OFFとして動作しますが、長押しすることでイコライザーが常時ONとなり、ブースターのON/OFFスイッチとして使用することができます。この時ブーストレベルは本体側面のBoostツマミで操作することができます。本体内部のスイッチの操作によって、ブーストモードをボリュームブースト/ゲインブーストと切り替えることができます。

9V電池が使える他、アダプターは9〜18Vまで対応します。18Vで駆動させると最も歪みの少ないクリーンなトーンが得られます。


■コントロール:Low, Mid, High, Volume, Boost, Midスイッチ(US/UK/Thrash), Tightスイッチ(Fat/Normal/Tight)
■トゥルーバイパス
■電源:DC9~18Vアダプター(センターマイナス)、9V電池
■消費電流:20mA(9V)、21mA(18V)
■寸法:6.8cm(W)×11.8cm(D)×5.0cm(H)
■重量:255g

(このペダルを評価してみましょう!)
読み込み中...

商品レビュー

Amptweaker Curveball JRの最初のレビューを書き込んでください!

この商品を...

Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

この商品のレビューを投稿する

コメントを残す

ギター用ワイヤレス

  • ※1 Amptweaker Curveball JRについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Amptweaker Curveball JRの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Amptweaker Curveball JR」ページ上部へ