MOOER GE200

MOOER GE200
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


マルチエフェクター

37,584※1

発売時期:2018年1月26日

(投票数103人, 平均値:3.75)
Loading...

GE200は、中国のエフェクターブランドであるMOOERがこれまでにリリースしてきたミニサイズのデジタル・プリアンプ・ペダル「Micro Preamp」シリーズを含む全55種類のアンプサウンドを内蔵、デジタルによる多彩なアンプモデリングと共に、モデリングエフェクトを70種類、オーディオインターフェイスとしても扱えるなど、充実した機能を搭載したマルチエフェクターです。

MOOER Micro Preamp シリーズ MOOER Micro Preamp シリーズ10種類

MOOERはこれまで「Micro Preamp」シリーズとして

  • MICRO PREAMP 001:Diezel Hagen系モデリング
  • MICRO PREAMP 002:Marhsall JCM900系モデリング
  • MICRO PREAMP 003:Koch Power Tone系モデリング
  • MICRO PREAMP 004VOX AC30系モデリング
  • MICRO PREAMP 005:EVH5150系モデリング
  • MICRO PREAMP 006:Fender Blues deluxe系モデリング
  • MICRO PREAMP 007:ToneKing Falcon系モデリング
  • MICRO PREAMP 008:Mesa Boogie MKII系モデリング
  • MICRO PREAMP 009:Engl Blackmore系モデリング
  • MICRO PREAMP 010:TwoRock Coral系モデリング
  • MICRO PREAMP 011:Mesa Bogie Dual Rectifier系モデリング(2018/1)
  • MICRO PREAMP 012:FRIEDMAN BE-100系モデリング(2018/1)
  • MICRO PREAMP 013:MATCHLESS DC-30系モデリング(2018/1)

など、伝統的なブリティッシュ・コンボアンプからモダンハイゲイン・アンプヘッドまで、様々なアンプサウンドをモデリングしたエフェクターをリリースしてきました。
いずれのペダルもミニサイズの小さな筐体に3バンドEQを搭載、VOLUME/GAIN/CHAOSという3ツマミを搭載した計6つのコントロールを操作し、元となるアンプのサウンドを再現したものですが、「GE200」にはこれらのサウンドが全て内蔵されている他、26種類のキャビネットも含めて新たなアンプモデリングも搭載されています。

新たなアンプモデリングは

  • Roland JC-120
  • Fender 65 Deluxe reverb
  • Fender 65 Twin Reverb
  • Fender 59 Bassman
  • Fender Super Sonic
  • Marshall JCM800
  • Marshall Plexi 100
  • Peavey 5150
  • Mesa Boogie MARK III
  • Mesa Boogie MARK V
  • Mesa Boogie Triple Rectifier
  • Orange Rockerverb
  • Soldano SLO-100
  • Jet City JCA100H
  • Blackstar HT Stage 100

など、ほぼ現存する有名アンプのほとんどが網羅されていることがわかります。


MOOER GE200 free jam

またエフェクターは歪みが20種類、モジュレーション19種類、ディレイ9種類、リバーブ7種類、ワウ/コンプレッサー8種類、イコライザー4種類、ノイズ・サプレッサー3種類など計70種類を収録。これらのエフェクトはFX/COMP、DS/OD、AMP、CAB、NS、EQ、MOD、DELAY、REVERBというブロックに分かれて個別にON/OFFが可能。各ブロックを入れ替えてエフェクターの接続順も自由に組み合わせできるなど、モダンなマルチエフェクターに求められる機能を搭載しています。
アンプの選択やエフェクトの並び替えなどは本体に装備されているフルカラー・ディスプレイに表示され、エディット用のボタンでコントロールできます。


MOOER GE200 Amp modelling&multi effects 2

Mooer GE200

本体は片手で持てるほどのコンパクトサイズ。
ユーザープリセットは200種類まで保存/呼び出しが可能。
3つのフットスイッチ操作によってプリセット選択/タップテンポ機能/エフェクト各ブロックの操作に対応。本体右側に備え付けのエクスプレッションペダルではワウの操作の他に、任意のパラメータ操作を割り当てることも可能です。

Mooer GE200:リアパネル

さらに52秒までのルーパー、チューナー、40種類のドラムパターンと10種類のリズムを収録したドラムマシンを搭載。
接続端子はAUX IN、ヘッドフォン、USBを装備。パソコン専用ソフトウェア「Mooer Studio Editor」も存在し、USB端子からパソコンに繋ぐことでオーディオインターフェイスとしても機能するなど、充実した機能を搭載した現代型のマルチエフェクターとして活躍します。

■サンプリング:24bit/44.1K
■S/N:98dB
■電源:9VDCアダプター
■消費電流:600mA
■寸法:297mm(D)×145.5mm(W)×45.5mm(H)
■重量:1.4kg

「MOOER GE200」に関連するレビュー・コメント

MOOER GE200の最初のレビューを書き込んでください!

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

MOOER GE200のレビューを書く

コメントを残す

パッチケーブル 自作

  • ※1 MOOER GE200について掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • MOOER GE200の画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「MOOER GE200」ページ上部へ