HOTONE BINARY EKOデュアルDSP、17種類のデジタル・ディレイを搭載したデジタルディレイ・ペダル

HOTONE BINARY EKO
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


ディレイ

18,360※1

発売時期:2018年4月

(このペダルを評価してみましょう!)
Loading...

BINARY EKOは、HOTONE独自のモデリングテクノロジー「CDCM」を採用し、同社のXTOMPと同様にフル・プログラム対応となったデジタル・ディレイ・ペダル。コンパクトなボディに新旧17種類のデジタル・ディレイを搭載、好みのサウンドは10個までプリセット保存が可能、高解像度のサウンドを実現したモデルです。

BINARYシリーズとは?

BINARYシリーズ BINARYシリーズ4機種

HOTONEから新たに登場した「BINARYシリーズ」のペダルは、デュアルDSPを採用したことで、デジタルながら自然でリッチなサウンドを実現したデジタル・ペダル・シリーズ。

  • S/N比:110dB
  • オーディオ変換:24bit
  • サンプリング:44.1kHz

など高い性能を実現。この性能にHOTONEが過去にリリースした、あらゆる種類のエフェクターやアンプがプレイできるエフェクター「XTOMP」の開発によって培った「CDCM」ダイナミックモデリング技術を導入、モデリングの元となる実機に肉薄するリアルなサウンドを実現しています。
現在このBINARYシリーズでは

  • BINARY AMP:16機種のギターアンプを収録
  • BINARY IR CAB:IR(インパルス・レスポンス)によるスピーカーキャビネット100種類を収録
  • BINARY EKO:17種類のディレイを収録
  • Binary MOD:24種類のモジュレーション・エフェクトを収録

という4機種がラインナップされ、いずれも本体中央に小さなLED画面を搭載、2フットスイッチを装備、小さな5つのツマミと4つのボタン操作によって音作りやプリセット保存/呼び出しが行えるようになっています。また全モデル信号のロスを防ぐためバッファードバイパスを採用、原音を損わない設計となっています。

パソコンに繋いでソフトウェアでサウンドの編集&管理

BINARY EDITOR BINARY EDITOR

4機種全てにUSB端子を搭載、USBを介してMac OS 10.7 以降/Windows XP 以降のパソコンに対応したフリー・ソフトウェア「BINARY EDITOR」を利用し、プリセット管理やパラメーター設定を行い好みのプリセットをパソコン上に保存ができる他、ファームウェアのアップデート/アルゴリズムのロードなどが可能となっています。

BINARY EKOの特徴

BINARY EKO

「BINARY EKO」に搭載される17種類のディレイは、基本的には歴史的なディレイ・ペダルのシミュレートとなっています。

  • Dream Eko:BBD素子を用いたアナログディレイのシミュレート
  • 80 EKO:Maxon AD80のシミュレート
  • MEMO EKO:Electro Harmonix Stereo Memory Manのシミュレート
  • 900 EKO:Maxon AD900のシミュレート
  • 999 EKO:Maxon AD999のシミュレート
  • PURE EKO:ピュアなディレイ
  • WARM EKO:アナログライクなディレイ
  • TAPE EKO:ヴィンテージ・テープエコーのシミュレート
  • TUBE EKO:チューブ・ドライブ・エコーのシミュレート
  • Vintage Rack:1980年代のラック式デジタル・ディレイのシミュレート
  • DUAL EKO:ディアル・ディレイ
  • PING PONG:ピンポン・ディレイ
  • Sweep Eko
  • Tremolo Eko:ディレイ+トレモロ
  • LOFI EKO:ローファイ・ディレイ
  • RING EKO:ディレイ+リングモジュレーター
  • SLAP BACK:スラップバック・ディレイ

デジタルからアナログ、テープエコーまで様々なタイプのディレイを収録。王道サウンドから、リピート音にローファイ/トレモロ/スウィープ/リングモジュレーターなどの効果を加えるモードなど、従来のディレイでは実現できなかったサウンドまで搭載しています。

基本操作は、左のフットスイッチでエフェクトのON/OFF、右のフットスイッチでプリセットナンバーの選択/タップテンポの入力を行います。ディレイとして標準的なツマミTIME/F.BACK/MIXで音作りを行い、A/Bツマミは使用するディレイ・モードによって役割が異なります。

ディレイ・タイムは最長4秒まで。
これらのサウンドに加えて、タップテンポ機能を追加。
EXP端子からエクスプレッション・ペダルを繋いでパラメータのリアルタイム操作に対応。
ステレオ出力によりピンポン・ディレイを立体的に響かせることも可能です。

■コントロール:MIX, A, B, F.BACK, TIME, ON/OFFスイッチ, PATC/TAPスイッチ, ボタン(+/-/GLOBAL/SAVE-EXIT)
■接続端子:INPUT, OUTPUT L(MONO)/R, EXP, DC IN, USB
■24bit / 48kHz
■電源:DC 9Vアダプター(センターマイナス)
■消費電流:200 mA以上
■寸法::121(D)x 72(W)x 47(H)mm
■重量:340g

商品レビュー

HOTONE BINARY EKOの最初のレビューを書き込んでください!

HOTONE BINARY EKO を...

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

この商品のレビューを投稿する

コメントを残す

パッチケーブル 自作

  • ※1 HOTONE BINARY EKOについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • HOTONE BINARY EKOの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「HOTONE BINARY EKO」ページ上部へ