HAO RUMBLE MOD

HAO RUMBLE MOD
メーカー
カテゴリ オーバードライブ
発売時期 2007年
価格 23,544 (税込) ※1

RUMBLE MODは、HAO流のダンプル系オーバードライブ・エフェクター。図太いオーバードライブのDrive/エッジの効いたヌケの良いブライトなサウンドのBoostと、2つのモードを切り替えて使用することができるペダルです。

中高域が強めでギターソロとの相性は抜群、トーンコントロールであるColorツマミの調節によって高域をブーストさせることができ、ロベンフォードのあの甘いトーンから、ファズのようなジャキジャキにシャープな歪みまで対応できます。ピッキングニュアンスの追従性も抜群で、極上のオーバードライブサウンドを手にいれることができます。

Boostモード時はGainツマミがキャンセルされる仕様となっています。

仕様 ■コントロール:Level, Color, Gain, Drive/Boost 切替スイッチ
■トゥルーバイパス
■電源:DC9Vアダプター
■寸法:122(L) x 101(W) x 36(H) mm
■重量:420g

製品レビュー

(投票数1人, 平均値:5.00)
読み込み中...
  1. No.79860:KOSA 335 2021年7月3日

    10数年前購入した時は使いこなせず二軍落ち。何故購入したんだろう?
    ところがおっさんになって歪まさ無く成って替えの効かないペダルに。
    知る限り4ヴァージョン存在(ODS、ODS 青led付き アダプター使用可能、MOD、MOD ver2)。
    MODver 2以外は入手。全部音が違う(笑)。

    設計者さん曰く「MODはダンブルの音を知らない初心者向け」だそうで、成程扱い易い(笑)。
    ダンブルと切り離して考えて良いのでは?純粋に良いペダルかと。
    MODで私がイメージするのはZepっぽい音。
    上手く調整すると、芯があって抜けの良い、且つコクというか旨みというか・・・のある音が、でる気がします。
    ここが好みの分かれ道?
    ギター、アンプの音に色を着けたく無い方は好みで無いかも?
    ブーストモードとドライブモードが在ります。
    ブーストモードも良いですね。
    ブースター、いつか買おうと思っていながら「これで良いじゃない。」で買うに至らず。
    あ・・・MOD、2つ持ってるので。

    ODSが一番ダンブルの「ガラスの様なクリーン」に近い音がする様です。音は最初細く感じますが、弾いているうちにこれで十分だと感じる様になります。芯の部分が太いんだと思います。
    イメージするのは、やはりレイヴォーンの音。

    ODS青ledは・・・電圧の下がった様な音と評する方がいましたが、そんな感じで実はどう使うのかよく判らない(苦笑)。ダンブルとは違うかもです。或いはこういうダンブルもあるのかなあ?謎です。
    一番癖が無い気がしますが、それ故あまり出番が有りません。

  2. No.79861:TELE KO 2021年7月3日

    芯があって、抜けが良く、絶妙に旨みコクを加えてくれる。
    ブーストモードも優秀で、
    「いつかブースター買おう。」と思っていたが、
    「ブーストモードのブーストが一番かも知れない」となり、
    MODを二つ並べてます。
    スイッチ切替で前段ブースト後段ブースト可能になって結果凄く良かったかも。

    色が着くタイプなので、
    ギター、アンプに色を着けたく無い方は好みでないかも。

    生産終了モデルで最早古いといってよいペダルですが、自分には他のペダルは味気なく感じられ、替えが効きません。
    当時太い太いと言われてたが、今となっては「細い、固い」と感じる方も居るかも?
    慣れちゃった部分はありますけど、芯がしっかりしてるのでこれで十分と思います

この製品のレビューを投稿する

オーバードライブをお探しですか?

ELECTRO HARMONIX The Analogizer

ELECTRO HARMONIX The Analogizer

ゲインデジタル機器のシャープな音像をアナログの様に暖かく太いサウンドに変身させるペダル
Darkglass Microtubes B3K

Darkglass Microtubes B3K

コンパクトなベース用オーバードライブ
Gurus Amp SEXY DRIVE mkII

Gurus Amp SEXY DRIVE mkII

モダンワイドレンジダ イナミクスとアンプライクなレスポンスを備えたオーバードライブ
Walrus Audio 385

Walrus Audio 385

ヴィンテージ・フィルム映写機「Bell & Howell 385」の回路やサウンドを研究して生まれたオーバードライブ・ペダル
Blackberry JAM Silverberry

Blackberry JAM Silverberry

「ダンブルアンプ」のサウンドを極限まで追求して作られたオーバードライブ・ペダル
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。