Darkglass Electronics Microtubes X7分岐させたローパス/ハイパス2つの入力信号を自由にミックスし、アグレッシブなサウンドを生み出すベース用ディストーション

Darkglass Electronics Microtubes X7
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


ディストーション , ベース用

37,991※1

発売時期:2018年11月

MICROTUBES X7は、気鋭のベース用エフェクターブランド Darkglass Electronics のベース用プリアンプ「MICROTUBES」シリーズをベースに、太い低域を保ちながらアグレッシブなサウンドを生み出すベース用ディストーション・ペダル。同時期に発売された「Microtubes X」に4バンド・グラフィックEQを搭載した豪華な仕様となっています。

一般的なベース用の歪みペダルでは、歪みを強くしていくと音圧を維持しながら芯のあるサウンドを生み出すのは困難なことでした(多くのベース用歪みペダルではBLENDツマミを搭載し、原音と歪み音を混ぜることでその問題を解消しています)。
一方「MICROTUBES X7」では既存の歪みペダルとは異なる設計思想を持ち合わせています。入力された信号はローパスフィルターとハイパスフィルターで2つのシグナルに分岐されます。ローパスフィルターを通った低域はクリーンなままで、コンプレッサーを通すことができます。そしてハイパスフィルターを通った中高域はCMOS回路によって歪みとが加えられます。リッチな倍音を持つ高域とクリーンなままの低域を自由にミックスすることで、低域は図太いままベースに相応しいアグレッシブなディストーションサウンドが得られるというわけです。

低音域は、LOW PASSツマミでクリーンの低域の周波数の範囲を設定し、低域のコンプを調節するLOW COMP、低域の音量調節を行うLOW LEVELを装備。中高域は、HIGH PASSツマミで高域の周波数の範囲を設定し、HIGH DRIVEで歪みの量を調節、HIGH LEVELで中高域の音量を調節します。4バンドEQはLow shelf/500 Hz/1 kHz/High shelfの周波数帯域のそれぞれを+/-12dBのブースト/カットに対応します。


■コントロール:LOW COMP, LOW LEVEL, HIGH LEVEL, HIGH DRIVE, LOW PASS(50 Hz〜500 Hz), HIGH PASS(100Hz〜1kHz), MASTER, 4バンドEQ(Low shelf/500 Hz/1 kHz/High shelf), GROUND/LIFTスイッチ
■接続端子:INPUT, OUTPUT, PARALLEL OUTPUT, DIRECT OUT(XLR)
■電源:9VDCアダプター、電池非対応
■消費電流:70mA
■寸法:94mm x 120mm x 46mm
■重量:0.32Kg

(このペダルを評価してみましょう!)
Loading...

商品レビュー

Darkglass Electronics Microtubes X7の最初のレビューを書き込んでください!

Darkglass Electronics Microtubes X7 を...

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

この商品のレビューを投稿する

コメントを残す

パッチケーブル 自作

  • ※1 Darkglass Electronics Microtubes X7について掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Darkglass Electronics Microtubes X7の画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイト「Supernice!エフェクター」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Darkglass Electronics Microtubes X7」ページ上部へ