Line6 HX StompLINE6フラッグシップモデルのギタープロセッサー「Helix」を機能制限でコンパクト化した製品

Line6 HX Stomp
メーカー
カテゴリ マルチエフェクター
発売時期 2018年10月
価格 79,920※1

HX Stompは、ギグバッグのポケットにすっぽり入るくらいの超コンパクトサイズながら、Line6のフラッグシップモデルとなるギタープロセッサー「Helix」が採用するDSP/HXモデリング技術を採用し、Helixと同じアンプ/キャビネット/エフェクトの高品質なサウンドが得られる、プロクオリティのギタープロセッサーです。

300種類以上のアンプ/キャビネット/エフェクト、ルーパー、そしてLine6の人気モデル「Mシリーズ」や「DL4」に代表されるストンプボックス・モデラーに含まれる人気エフェクトを搭載し、最大で6種類の同時使用が可能。カラーLEDリング装備の3基のフットスイッチによる直感的な操作でアンプモデルやエフェクトの選択/編集をおこなうことができます。また外部エクスプレッション・ペダルの接続や2系統のエフェクトループも用意、USB接続でパソコンと繋いで専用ソフトウェア「HX Edit」を使用することで、パソコン上で音作りしたサウンドを呼び出すことができます。

HX Stompの主な特徴

HX Stompは1台でパワフルなエフェクターとして機能する他にも、様々な使い方ができます。

オーディオインターフェイス機能

HX StompはDSP搭載の超低ノイズなUSBオーディオインターフェイスとして機能します。123dBのワイドなダイナミックレンジ、24bit/96kHz、Mac/Windows対応。別売ケーブルを用意すればiPhone/iPadといったiOSデバイスとの接続も可能です。またDI/リアンプ機能も搭載されています。

様々な接続方法に対応

HX Stompはギターとアンプの間に繋いで通常のエフェクターのように使う以外にも、

  • PAミキサーに直接信号を送る
  • エフェクトループを利用した4ケーブル・メソッドに対応
  • DSP拡張

などの接続方法が可能です、ライブでのメインシステム、バックアップ用機材、音源制作用のインターフェイスなど、様々な使い方ができます。

トーンを拡張

HX Stompをお気に入りのモデラーやプロファイラーのエフェクト・ループに繋ぐことで、さらに70種類以上のアンプ/200種類以上のエフェクトがモデラーのDSPパワーに加えられ、その中から最大6個のアンプ/エフェクトブロックを使用することができます。

ベーシストにも最適

HX Stompはギタリストだけでなく、ベーシストにとって最適なアンプやキャビネット、エフェクトが用意されています。本物のアンプから音を出しながら、HX Stompのエフェクト処理を通過した信号をPAミキサーに直接送り、2種類のサウンドを組み合わせた音作りも可能です。

仕様

Line6 HX Stomp:リアパネル

Line6 HX Stomp:サイドパネル

■接続端子:INPUT(L?R), OUTPUT(L?R), EXP, USB, SEND/RETURN(L/R), PHONES, MIDI IN/OUT/THRU
■寸法:64(H)×122(D)×170(W) mm
■重量:820g

他Helix製品との違い


HX Stomp

HX EFFECTS

Helix LT

Helix Floor
概要 機能制限があるものの、アンプ/エフェクトも使える超コンパクトモデル Helixからエフェクトだけを抽出 コストダウンモデル フラッグシップモデル
フットスイッチ 3 6 + MODE + TAP 8 + MODE + TAP + BANK▲▼ 8 + MODE + TAP + BANK▲▼
エフェクトブロック
同時使用
最大6個 最大9個
MID端子 IN/OUT/THRU IN/OUT/THRU IN/OUT/THRU IN/OUT/THRU
EXP端子 EXP1/2 EXP1
EXP2
EXT PEDAL 2(EXT AMP) EXP2
EXP3
EXT AMP1/2
AUX端子 X X X
S/PDIF X X X
CV Out X X X
マイクプリアンプ X X X
センドリターン 2系統 2系統 2系統 4系統
価格 ¥79,920 ¥79,920 ¥138,240 ¥192,240

Helixシリーズ4機種の比較(価格は2018/10サウンドハウス)

製品レビュー

(投票数86人, 平均値:3.41)
読み込み中...
  1. No.79819:冴渡過蔵 2019年10月21日

    BOSS GT-1000との比較
    HX Stompのアンプモデルのほうが音がリアル。特にクリーントーンやクランチ系のアンプで顕著で、モデリング元となるアンプのサウンドの再現度が高い。比較してみると、GT-1000のアンプモデルはどれもかなりハイファイに作ってあると感じる(GT-1000は長時間演奏していると耳疲れする)。
    ただHX Stompのハイゲイン系アンプは音抜けが微妙で、EQなどで対処してもリフプレイ時には不満を感じる。GT-1000はハイファイに作ってあるぶんハイゲインでも抜けの良いサウンドメイクができる。

    操作性はフットスイッチやノブが多いぶんだけGT-1000のほうが良好(音作りやパッチ切替など)だが、かといってHX Stompが使いにくいということはない。プリセットの切替は3つなら瞬時に対応できるし、バンクのアップ/ダウンも足元で簡単に操作できるので、たくさんプリセットを用意してもライブで十分に使いきれる。

    KEMPERとの比較
    KEMPERのアンプモデルのほうが音がリアル。クリーントーン、クランチ、ハイゲインと全てのアンプモデルでKEMPERに軍配が上がる。
    エフェクトのクオリティはHX Stompのほうが上。

    1
    6
  2. No.79820:冴渡過蔵 2019年10月22日

    おとといレビューしましたが、前言撤回します。
    前回のレビューはRoland JC-40にリターン挿しで使用した時のものでしたが、今回オーディオインターフェイスとして使用したところハイゲインでも良い音が出ました。というかオーディオインターフェイスとして使用した時のほうが全体的に良好なサウンドで、印象がガラリと変わりました(さらに良い印象に)。GT-1000はBOSS製品だけあってRoland JC-120との相性も良好ですね。その辺の差なのか…

    音作りはPCエディターが必須ですね。作り込みにかなり便利です。
    調べていくと、このHX Stompかなり奥が深そうで、簡単にはレビューできそうにないです。

    1
    4

この製品のレビューを投稿する

Line6のエフェクター

Line6 POD Go

Line6 POD Go

Helix/HXプロセッサーから継承したサウンドを一台に凝縮、高いポータビリティのギター・プロセッサー
Line 6 HX Effects

Line 6 HX Effects

ギタープロセッサー「Helix」から、高品質なエフェクト部分だけを取り出したマルチエフェクター
LINE6 Helix LT

LINE6 Helix LT

Helixと同じHXモデリングとデュアルDSPを搭載、コストダウンが図られたスタンダードモデル
Line6 HELIX

Line6 HELIX

Line6のフラッグシップモデルとなるギター・プロセッサー/マルチエフェクター
Line6 Firehawk FX

Line6 Firehawk FX

計200種類のアンプモデリング/エフェクトを内蔵したフロア型マルチエフェクター
LINE6 AMPLIFi TT

LINE6 AMPLIFi TT

オーディオインターフェイス機能を搭載させた、マルチエフェクター「AMPLIFi」の卓上モデル

マルチエフェクターをお探しですか?

Electro Harmonix MOD 11

Electro Harmonix MOD 11

11種類のサウンドを搭載したモジュレーション系マルチ
VOX TONELAB ST

VOX TONELAB ST

真空管を搭載し、本物のチューブ・パワーならではの音圧感を実現したマルチ
MOOER GE200

MOOER GE200

「Micro Preamp」シリーズを含む全55種類のアンプサウンド、70種類のエフェクトを搭載したマルチエフェクター
ZOOM MS-60B Multi Stomp for Bass

ZOOM MS-60B Multi Stomp for Bass

ギグバックにもすっぽり入るマルチエフェクター「MS-50G」のベース版
HOTONE AMPERO

HOTONE AMPERO

エフェクト + アンプ + IRキャビネットを搭載、アコギ/ベース/キーボードにも対応する全方位型マルチ
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。