ケンタウロス・クローン系オーバードライブ特集2015年9月24日

ケンタウロス・クローン系オーバードライブ特集

オーバードライブ・ブースターの名機…そう言われるとあなたは何を思い浮かべるでしょうか?BOSS OD-1やアイバニーズのチューブスクリーマーなどの往年の名機を思い浮かべる方もいれば、近年高い人気を集めているランドグラフなどを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。そんな多くの名機の中でも一際異彩を放ち、高い人気を集めているのがKLONのCENTAUR(ケンタウロス)でしょう。

ケンタウロスは製造数が極端に少ないことから非常に入手が困難で、一時期は現行モデルがプレミアム価格で販売されているというケースも少なくありませんでした。また初期ロットのモデルはさらに台数が少ないことから、お金を出しても入手することができないと言われたほどです。文字通り幻のエフェクターであるケンタウロスですので、長年憧れ続けているという方も多いかもしれません。そういった需要にこたえる形で近年ではそのクローンモデルがさまざまなメーカーから登場しています。ここではそんなケンタウロス・クローンについてお話してみたいと思います。

そもそもケンタウロスってどんなエフェクター?

まず、ケンタウロスとはどんなエフェクターなのでしょう?

orijinal-centaur-klonオリジナルのKlon Centaur

簡単に言ってしまうと、ブティック系のオーバードライブの一つで、ブースターとして使用されることの多いモデルです。プロミュージシャンの間でも非常に評価が高く、国内でもchar、布袋寅泰、松本孝弘など、人気ギタリストのサウンドを支えてきた伝説のエフェクターの一つです。そのサウンドの最大の特徴は太さにあります。単にローミッドを持ち上げたような太さではなく、同時に非常に抜けるサウンドを生み出すことが可能となっています。本体のゲインを使用せずに純粋に音量を持ち上げるような使い方をしても、しっかりとケンタウロスならではの個性は発揮され、太く抜ける、という多くのギタリストが理想としているサウンドを実現してくれるのです。

近年のハイエンド系エフェクターでは当たり前となっているトゥルーバイパスも採用されていませんが、そのおかげで、スイッチをオンにしなくても繋ぐだけで音が良くなる…そう語るギタリストも少なくありません。そのサウンドを聞けばほとんどのギタリストが虜になってしまう…それがケンタウロスなのです。

ラインナップも色々とある

klon centaurのラインナップ 東京・中野の歪みペダル専門店「ヒズミ屋」に展示されている、klon centaurのラインナップ

ゴールド、シルバー、イラストが描かれていない通称「絵無し」など、いくつかのランナップが存在していますが、いずれも生産終了となっており中古市場でも入手しにくいのが現状です。

ケンタウロス・クローンって何?

では、ケンタウロス・クローンとは何なのでしょう?
これは、その名の通り、ケンタウロスを目指して、またはモチーフとして作られたオーバードライブペダルの総称です。かつては純粋に回路をコピーして作られたクローンモデルが市場に出回っていましたが、今日ではさまざまなメーカーがオリジナルのケンタウロスをモチーフとしてさまざまな個性や機能を追加したモデルを製造・販売しています。ベースとなったのは前述の通り伝説の名機ですので、どれもとても魅力的なサウンドをアウトプットしてくれます。
近年、こういったケンタウロスクローンモデルが非常に多く登場していることから、歪み系エフェクターの一つのジャンルとして確立されていると言ってもいいでしょう。

代表的なケンタウロス・クローンモデルと言えば?

それでは、さまざまなメーカーから発売されているケンタウロスクローンモデルをご紹介してみたいと思います。

Electro-Harmonix Soul Food

まず、ケンタウロスクローン系エフェクターの代表格と呼べるモデルをご紹介しましょう。Electro-Harmonix Soul Foodは、そのままのケンタウロスサウンドを忠実に再現するべく設計されたモデルです。ケンタウロスは時代によってサウンドが変化しています。そのため、純粋な比較は非常に難しいですが、同モデルは特にオリジナルモデルに非常に近いサウンドを再現していると高く評価されています。

価格も15000円程度と、気軽に手を出すことのできる価格帯となっていますので、ケンタウロスサウンドを気軽に試してみたい、という方にお勧めしたい一台です。

Electro Harmonix Soul Food

Matthews Effects The Klone

Matthews Effects The Kloneもまた、純粋なケンタウロスサウンドを追及したクローンモデルの一つです。前述のエレハモのモデルと同様に、非常に高いクオリティのケンタウロスサウンドを再現している一台として国内外の多くのギタリストに愛用されているクローンモデルの決定版と言っても良いでしょう。

オリジナルケンタウロスと異なる点はトゥルーバイパスを採用している、という点でしょう。これによって、バイパス時によりクリアなサウンドを得ることができますが、ケンタウロスならではのバッファのかかったバイパスオンを求めるのであれば、バイパスサウンドの切り替えが可能なモデルをチョイスすべきかもしれません。

同モデルの実売価格は20000円前後。この価格でケンタウロスサウンドを手に入れることができる…そう考えればとても魅力的なモデルであると言えるでしょう。

Matthews Effects The Klone

Walrus Audio VOYAGER

オリジナルモデルを超えた?そんな評価さえも受けているクローンモデルがWalrus Audio VOYAGERです。基本的には前述の2機種と同様にケンタウロスのサウンドをモチーフとして設計されていますが、同モデルの場合は、よりピッキングへのレスポンスが敏感である、という評価を受けています。もちろん、基本的なサウンドのキャラクターはケンタウロスをベースとしていますが、そこからさらに独自の解釈によるアレンジを加えたモデルの一つであると言えるでしょう。

ただ、冒頭でもお話しました通り、ケンタウロスは製造時期によってサウンドが異なりますし、個体差が非常に大きいことでも知られています。そのため、同モデルのサウンドも純粋なケンタウロスサウンドの再現である、とも言えるかもしれません。

Walrus Audio VOYAGER

Klon KTR

このモデルに関してはケンタウロスクローンとは言えないかもしれませんが、ここでご紹介させていただきます。KLONがケンタウロスの正式な後継モデルとして生み出したのが「KTR」です。基本的な回路はケンタウロスのものをそのまま使用し、個体差を最小限に抑えるために、音の要となる部分以外のチップを新しいものに変更しています。この変更によって、オリジナルケンタウロスとは多少異なったサウンドとなっていますが、これこそが現在進行形のケンタウロスと呼べるのではないでしょうか?

外観も大きく変更され、よりコンパクトになったことから、エフェクトボードに組み込みやすくなった、という点も嬉しいポイントの一つです。

KLON KTR

Wampler Pedals Tumnus

北アメリカ・インディアナ州のエフェクターブランド Wampler Pedals のケンタウロス・クローンペダル「Tumnus」は、オリジナルモデルからは考えられないほどコンパクトサイズ化したミニサイズのオーバードライブ・ペダルです。ツマミの数やボディのデザインなどオリジナルモデルを意識したデザインに、オリジナル同様バッファードバイパスとなっています。
ケンタウロスのサウンドが欲しいけれどエフェクターボードにスペースがない、という悩みを抱えたギタリストに最適なモデルです。

Wampler Pedals Tumnus

Tone Bakery CREME BRULEE

CREME BRULEEはパーツ類に中国の激安エフェクターブランドであるJOYOのものを採用し、高品質なドライブサウンドをリーズナブルな価格で手に入れることができるケンタウロス・クローンペダルです。オリジナルモデルと同様にバッファードバイパス/横長の外観となっていますが、CREME BRULEEのほうが一回り小さいサイズとなっています。


Tone Bakery CREME BRULEE

Mojo Hand Fx Sacred Cow Overdrive

アメリカ・テキサス州のブランド Mojo Hand Fx によるケンタウロス・クローン「Sacred Cow Overdrive」では、オリジナル同様のゴールドカラーにテキサスのソウルフードである牛がデザインされています。ツマミは3つとオリジナルを踏襲していますが、オリジナルセッティング/コンプレッションを高めたセッティングと、2段階切替スイッチを搭載、オリジナリティが加えられたモデルとなっています。


Mojo Hand Fx Sacred Cow Overdrive

Foxpedal Kingdom

アメリカ・ワシントン州のブランド「Foxpedal」によるケンタウロス・クローン「Kingdom」は、オリジナル同様の3ツマミに加えて2つの切替スイッチを搭載したコンパクト・ペダル。透明感あるトーン/スムースなトーンを切り替える”OD”、クリッピングの量を切り替える”CLIP”、2つの切替スイッチの組み合わせによってケンタウロスのサウンドだけでなく幅広いローゲイン・ドライブサウンドを生み出すことができるようになっています。

オリジナルを意識したゴールドカラーのルックスの他、ホワイトカラーのモデルも用意され、単にケンタウロス・クローンであることにとどまらない主張があることがわかります。


Foxpedal Kingdom

Movall Audio Minotaur MM-09

Minotaur MM-09もWampler Pedals Tumnusと同様ミニサイズのケンタウロス・クローンペダルで、こちらはトゥルーバイパス仕様、低価格で手に入れることができるモデルです。

Movall Audio Minotaur MM-09を…
Aアマゾンで探す R楽天で探す

TBCFX ProBuffer

少し変わり種もご紹介しましょう。オンオフのスイッチのみで構成されている非常にシンプルな見た目から、どこがケンタウロスなんだ?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。TBCFX ProBufferは、なんと同モデルはケンタウロスの人気の理由の一つであるバッファー部のみを再現したモデルとなっています。ケンタウロスのあのバッファー音のみがとにかくほしい!そんな方にはぴったりなモデルと言えるでしょう。このコンパクトなボックスを足元に置くだけでケンタウロスのオフ時の艶やかなサウンドを再現することが可能となるのです。


伝説、幻…そんな冠のつくエフェクターといえば、ケンタウロスをほど有名なものはないでしょう。単に製造数が少ないことから過剰に持ち上げられている…そんな声が聞かれることも少なくありませんが、多くのギタリストに愛され、これだけ多くのクローンモデルが生み出されているのは、ケンタウロスが優れたエフェクターであることの何よりの証拠であると言えるのではないでしょうか?

オリジナルのケンタウロスはあまりにも高価で手を出すことができない…そんなあなたはクローンモデルでそのサウンドを味わってみてはいかがでしょう?

最終更新日 : 2016/08/16

パッチケーブル 自作